新田菜穂子の壊された日常 35
しみるけいさんによる写真ACからの写真

≪ 三、たまたま偶然見てただけ、だからね! 14 ≫



(ホント、タイミング良すぎて嫌になるわ)


 カードには印刷文字の下に、『こういうわけになりました。』との自筆での走り書きがあり、
トークアプリのIDも添えられていた。


「避けるわけにもいかない、よね」


 何しろ先程の別れ際、一真へ消え入るような声で「考えてみる」、と約束してしまったのだ。

真摯に向き合ってくれている一真に、いい加減な答えを返すことはできない。


「しかたない、よね……」


 菜穂子はカードに記載されたIDをトークアプリで検索し、
元彼、田宮咲人(たみやさきと)と連絡を取ることにした。

一つ前を読む   小説の部屋に戻る   次を読む





オープニング背景画像: acworksさんによる写真ACからの写真