新田菜穂子の壊された日常 39
しみるけいさんによる写真ACからの写真

≪ 四、私の顔、なんか変? 4 ≫



「今年も年賀状くれただろ?
あれに迷ったけど1人がけの椅子を購入しましたって書いてあったじゃねぇか。
あれ読んで『あ、こいつまだ俺に気があるな』って直感してたんだけどなあ」


 ああ、と明後日の方角を見てむすっとしている前彼へ、
菜穂子は話を続けようと試みる。


「確かにその勘は当たってたと思うんだけど。その、私にもよく分からなくって」


 途端に一真のことが頭を過ぎり、頬が熱くなる。

我ながら歯切れの悪い話をしているな、と自嘲していると、け、と田宮が顎を向けてきた。

一つ前を読む   小説の部屋に戻る   次を読む





オープニング背景画像: acworksさんによる写真ACからの写真